mindfulesalen

プライベートサロン mindful esalen のブログ

タグ:プライベートサロン

AEC90038-4A23-47AE-A5BD-55B8A39D599C

少し前になりますが、友人とホテルスパに行ってきました。
2つのマッサージテーブルが並んだ
広めのお部屋を独り占め。
贅沢なお時間となりました。

なのですが、セラピストの方から
「お身体、お疲れありませんね」っと。
そうなのです。
全く疲れておりません!笑


なんだけど、やっぱりマッサージ受けるの大好きなのです。
皮膚の感覚を通し体を外側から
そして筋肉の感覚を通して内側から感じられます。
今ここの自分の感覚を、自分の体を預けて感じられるその感覚が好きなのです。

とても丁寧に体を扱ってもらうのってとても大切ですよね。
そしてもう一つ大切なのが、そこにセクシャリティを介さないということ。

ちょっと残念だったのが、やはりエサレンマッサージを受け慣れているので
ロングストロークがなかったこと。
全身をつなげるようなロングストロークの大切さや
触れた体を統合させるポーズなど、いつもは当たり前になっているものがないと
改めてそれらの大切さを実感しました。
エサレン すごいな!

体と心は上手に関係し合っているからこそ、
心にまで触れる意識を持ってセッションを行う大切さ。
心と体にアプローチをすることでその人の人生/生き方にまでその恩恵がもたらされます。



いつもと違うものを享受することで、
また改めて当たり前になっていることに気づくことができます。
ホテルスパの雰囲気も大好きだし!
これが学びとなるなんて、とっても素敵なお仕事!
好きなことがそのままお仕事にできる幸せを味わってまいりました。

B6171DB6-9D8B-4342-AC8D-F10FA82AA6F8
こちらの写真は
スパの入り口の鳥。
マスクをされておりました!笑




自宅サロン、お部屋に換気扇が合ってよかった!
今は1日お一人さまと限定しております。
こんな時だからこそ、少しづつ体に蓄積されてしまう不安や緊張感。
体調の変化を感じる前にケアしたいですね。
ぜひ、ご自身の為だけのお時間をお過ごしにいらしてみてください。

748A4440-B969-4C2E-8584-7A7DAD705C6C

8月ですね!

水が恋しい毎日ですが、
今年は水遊びはお預けかなーっと
すでに次に海に行ける日を楽しみに
先月水着を買ってしまいました!

できないことに心を奪われるより
今できること
今自分の心を向けたいことをして
日々を過ごしていたいなと思っております。


こちらでもヨガレッスンのお知らせを!

今月も、オンラインでのレッスン続けています。
最近は、ずっと迷っていたのですがやっと申込みましたっというご連絡をいただくこともあり、嬉しくご連絡を受け取っています。
迷う時間もきっと自分と向き合うよいお時間なのだと思います。
それぞれのタイミングで、ご一緒できれば嬉しいです。

オンラインでのレッスン、どんなことをするんだろう、どんな風に申込んだらいいんだろう、わからないことがあればいつでもお気軽にご連絡くださいね。
人によっては、お話がメインで必要な場合、瞑想がメインとなる場合、しっかりと体を動かすなど、その時に必要と感じれらることをシェアしています。


グループレッスンのスケジュールはこちらです。

第2・4木曜:
27 日 10:30-11:45 ナチュラル・フィットネス@仙川カルチャーセンター
毎週金曜:
7・21・28日 10:00-11:15 ヨガ@仙川カルチャーセンター
第1・3金曜:
7・21日 11:30-12:30 マインドフルネスヨガ@仙川カルチャーセンター
第2・4日曜:
9・23日 13:15ー14:30 リラックスヨガ@南大沢カルチャーセンター
プライベート・セミプライベートレッスンのご予約・お問合せはこちらから。

精油の学びをはじめました。

数年前、精油をテーマにしたトレーニングに日本人は私1人なのに
流れで参加することになったり、
一昨年、去年とエサレン に精油の恩恵をプラスしようという
トレーニングの通訳をしたり、
数年前から、ご紹介で伺っているチャネリングの方には
「植物と仲良く」と言われ続けていたり、
今振り返るとこんなにも植物の恩恵の精油を学びなよーっというお知らせがあったにもかかわらず、二の足を踏んでいました。
だて、精油のお勉強って底無し沼のように永遠に続きそうだったんだもん。

ヨガや瞑想、エサレンだってもう底なし沼レベルの学びです。
ここにまた新しいことって取り入れる余裕なさそーっとか、
覚えること多そーとかって、しっかりと興味をそれ以上保たないように
今の基礎知識だけにしておこうと、ガードを固めておりました。

それが、ここに来て好奇心がムクムクと動き出してしまったんです。
そうなったら、止めることなんてできません。

去年、エサレン研究所で25年振りに再会をした当時の友人に連絡を取り
今日から学びがスタートしました。
さすがエサレン実践者でアロマテラピーの先生!
脳の話などもあり、とっても充実の第1回目。
エサレンや瞑想と通じるところがあるんだなっと感じました。
今までもエサレン のセッションでは用いていた精油、瞑想実践でも用いるのってもしかしてよいかも!
特に、プライベートでお伝えする時にはぜひとりいれたい。
脳ってまだまだわかっていないことがたくさん。
瞑想を習慣的にすることによって、脳に変化が起こってくることや、
嗅覚が原始脳に直接働きかけること。
どちらも脳の同じ原始野に働きかけます。

まだまだこれから学びを深めてまいります。
自分ではどうにもならない心の様子を精油の力もかりて
カラダを通してアプローチしていきたいですね。


1B4B68D8-E422-404E-81B0-6DEFAF24C479

すっかり、更新していませんでした。
実はブログ、2つあるんです。
ヨガのサイト、cocoyogaのブログは頻繁に更新していたのですが、
こちらをすっかり忘れていました。
やっぱり2つもいらないのかなっとかなんとか考えちゃう。

こちらは、そのもう一つのブログでも書いたもの。
しつこいくらいに書いて、忘れないようにしよう!

******


絵を見たり
映画を観たり
音楽を聞いたり
友達とおしゃべりしたり
どこかへ訪れたり
おいしいものを食べたり

毎日の生活で心を震わせる体験をしていたいと思っています。
そして、毎日の生活の中にある小さな出来事にも気がつけるようでいたい。

パトリス・ジュリアンの「生活はアートだ」という本を読んだのは
もう何年も前でした。
本の内容もすっかり忘れてしまったし、タイトルだって思い出す事はなかったけど
(失礼!!ごめんなさい)
でも最近、生きるってアートだとつくづく感じるのです。
そして、肩肘張らずにアートにしていきたい。

人生がアートでなくなってしまったら、なんてつまらないんだろうって。

それは、生活をキラキラしたものにしたいとかそんなことではなくてね。
アートのように生きて行こうと、毎日の生活の中で忘れてしまわないように
覚書として書いてみました。
えへへへ。


90755390-000F-4655-BB93-B5242BC448AB

先日お知らせした「アーシング at Home」開催しました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

今回はアロマフランス認定クレイテラピストの貴子さんにお伝えいただきました。


46FF8D2E-D12D-4156-9003-0FD223993F06

前日に郵送で当日使うものは全て届けていただきましたよ。

やっぱり、これが好きなのです!!っという方から教えていただくのが一番!
クレイの魅力や、クレイができること、気をつけた方がよいことなど
クレイの奥深さが見えるとてもよい時間となりました。

以前、貴子さんからクレイの施術をしていただいてから興味津々だったクレイテラピー、
ますますその魅力にハマってしまいました。

今回は、貴子さん愛用のアロマフランスの良質なクレイです。
なぜそのクレイに行き着いたのか。何を基準に選べばよいのか。
これから自分でも取り入れられるようにアドバイスもいただきました。


412A90F4-0FB4-48FE-B729-BC81E77ACC65


肘から指先までをクレイでエンヴェロップメントという方法でケアしました。
クレイのペーストをみんなで作って、塗布します。
まずは塗布する前の自分の手や腕の状態をよーく観察して、
どんな乾き方をするのか。それがどんな傾向を表しているのかも教えていただきました。
水で洗い流す時にも、自分の体調などによって違いがでるのですって。
そんなの、聞いておかないと絶対気がつけなかっただろうなー。

そして、そして。
洗い流してもうびっくりです!
指の動きやすいこと!みんな飽きずにずーっとグーパー・グーパーっと繰り返してしまうほど。
私は肩の上がり方まで違いがありました。

次回はクレイのフットケアを実践します。
フットへのアプローチは、なんと言ってもデトックス!
足からはすばらしい効果が期待できるのですって。
むくみはもちろん、足へのアプローチが全身のケアに繋がるらしく、次回もとっても楽しみです。

なんとなく疲れが気になるなー
どうしても電子機器をたくさん使っているなー
などなど、気になる方はぜひご参加ください。

次回は6月14日(日)20:00〜 <1.5〜2時間>
ご質問などはメールにてご連絡ください。
cocoyoga.yukari@gmail.com

↑このページのトップヘ