前に食べ過ぎちゃってるから、お白湯を飲もう!っと書いたら、
お白湯についてもっと知りたーいっというお声をいただきました。

ヨガのクラスでもお白湯の話をすると、みんな興味津々。
だけど、いまいちいつ飲んだらいいの?
どんな風にいいの?っと
迷子になってしまう方も多いようです。

私は基本的に、飲みたい時に飲むのがいいんじゃないっと思っています。(笑)
でも、やっぱり知りたいよね。
っという事で、ちょっとまとめてみました。


◉アーユルヴェーダ の白湯の作り方
1.やかんに水を入れ強火で沸騰させる
2.やかんのフタを取り、湯気が上がるようにする
3.沸騰したら火を弱め、10~15分間グツグツ続ける
4.その後火を止めて50℃ほどの飲める温度で冷ましてから飲む

◉白湯を飲むおすすめのタイミング
・食事中⇨スムーズに消化するため
・食間⇨食べた食事がスッキリちゃんと消化されるため
・食べ過ぎ⇨濃い味付けや油が多いもので消化に負担がかかるものを食べた時にもおすすめ
・何か飲みたい時(お茶やコーヒーをお白湯に変えてみて!)
・寝る前⇨おトイレが気になる人も少し飲むと体がほっとして質のよい眠りに
☆1回に飲む量はコップ1杯ぐらいが目安
☆ゴクゴク飲むより、少しづつ

◉お白湯を飲む事でどんないいことがあるかしら?
・デトックス
→白湯には不純物が入っていないため体内に吸収されやすく利尿効果が期待できます
・ダイエット
→基礎代謝量が高まり、自然と痩せやすい体質に
・便秘やむくみ対策
→内臓機能が高まり、腸の動きを改善して便秘の解消につながることが期待できます
・冷え性対策
→内臓・胃腸が温まり血行を促します
・美肌にも!
→血行を促進して、老廃物が流れニキビや肌荒れの予防・改善にもなるんですって

93370AAC-EDE8-4FF4-9B57-F256613B9DE2