mindfulesalen

プライベートサロン mindful esalen のブログ

ホームページ作りのお手伝いをしたりします。
現在進行形でも、1件サイト作りをお手伝いしています。

依頼をいただいて、制作するのですが
今回の依頼はモバイルディスプレーにもこだわりたいとのこと。
今までは、デスクトップディスプレーをいじればモバイルディスプレーが崩れ、
モバイル側をいじれば、デスクトップが崩れる......っという風に
連携がうまくできなくて、なるべくモバイル用にディスプレーをいじることをしなかったのですが、依頼ですからねー。
がんばってみました。

すると、長く避けている間になーーーんだ、
ちゃんと影響し合わずに編集できるようになってるじゃないかー!
やったねー。

では、自分のもちゃんとしよう!
ということで、長く携帯でもみてもPCで見るのと同じように表示していたものを
ちょちょいっといじってみました。

見やすくなったのかな?
どうかなーー?

自分では、モバイルディスプレーがあんまり好きではなくて
なにかを検索したりする時でも、選択できればPC用のディスプレーを迷わず選ぶので
よくわからないのですが、まー

最近は携帯で見る人の方が多いらしいということで
きっと流れにそっているのかもしれません。
えへへへへ。


外に出る時間が少なくなって
自分と向き合う時間ができてしまって
個性がむくむくっと主張を強くしてきちゃったりして!笑

いろんな経験や学びを経て成長したはずだったのに、
私ってまだこんな要素を持ってたんだーっと凹んでしまったりね。

瞑想のクラスでもよくお伝えしていますが、
「見張る」と「見守る」の違いについて
今日は書いてみようかな。

ちょっと想像してみてください。
小さい子供とお母さん。

おもちゃが沢山のお部屋で、お母さんが子供に話します。
「なんでも好きに遊びなさーい♡お母さんはここで見ているからね」
子供が好きなおもちゃを手に取ると
「それは、大きい子の遊ぶおもちゃだよ。危ないから違うものを探すといいよ♡」
お友達が持ってるおもちゃに興味を持つと
「それはお友達のだからね!別のものを探しなさーい♡」
子供が走りだすと、
「ここは走るところじゃないよ。
おもちゃがいっぱいあるんだからおもちゃで遊びなさーい♡」
子供がブロックで遊び出しました。
お母さんはニッコリ笑って見ています。
でも、子供がブロックでおままごとを始めるとお母さんが言いました
「それは、ブロック。繋げたり何かの形を作るものだよ。使い方が違うね」

何をやってもお母さんは口を出してきます。
だんだん子供はやる気がなくなって、お部屋の隅っこで座ってしまいたくなりました。

これって、お母さんは見守っているんじゃなくて
見張ってるんだよね。
子供はお母さんの反応を気にするようになって、お母さんがニコニコ笑って見ていてくれるように遊ぶか、やる気がなくなってしまうか.......
どちらにしても、のびのび楽しく遊ぶってのが少し遠のいてしまいそう。

じゃー見守るってどんな風?
怪我をしそうな危ないことがあったら、すぐにヘルプに行けるけれど
ここぞっという時までは子供がどんな体験をするのかをみているだけ。
携帯いじって、子供から目を離すでもなく、ただ見ている。
子供が心配になって、お母さんを振り返ったらいつでも目が合う。
でも、子供は自由に自分の思うように遊ぶことができる。

これと同じような距離感で自分の心を見守りたいなーっと思っています。

ストレスを感じたら、ストレスなんてよくないよっと言ったり
心がざわついたら、もっとしっかり強くなりなさいって言ったり
自分の心が自由に感じる経験を、自分で制限しないように

ふーん。今はそんな風に感じてるんだね。
ヘルプが必要になったら言ってね。
いつでも、ここで見ていているよって。

どんなに、お母さんの言葉の最後に♡がついても
見張られちゃったら、息苦しいもん。

だから、自分の理想の心の状態じゃなくってもいい。
ちゃんと気づいて、見守っていこう!!

B985587A-D791-4E31-9C5B-B209496A388D

うそ!たるんでない⁈

お家で過ごす時間が増えて......
気がついたら、携帯やPCを覗く時間も増えて.......
無意識に視線を下に向けている!
そりゃお顔もたるんできますよ。
やばい!やばい!

誰かにあう機会が少なくなってきたからってたるんで言い訳ないじゃない。
ピンと張ったお顔は自分の気分が上がるためのものだから。

でも、フェイシャル行けないーーー!!
ホントはケアをしにいらしていただきたいんです。
そして、私の目の前で変化をしたご自分のお顔を見て、思わずニヤッとにやけてしまう、
笑ってしまうその瞬間を見たい!

でも、できないんじゃしょうがない。
自分でしましょう!
fullsizeoutput_ec2



サロンで行うフェイシャルは60分。
そんなに、自分でケアするなんでムリ。
そうムリなんですよー、私の場合。
でもちゃんとやってます。
やらなくなったら、落ちていくから。
重力が、がんばってくれちゃうから。

なので、サロンのケアをとっても簡単にできるようにアレンジしました。




しかも!
サロンでは法律上できないお口の中からのケアもプラスしてお伝えしちゃいます。
これって、ずーーーっと秘密のスペシャルテクニックだったのです。
えへへへへ。
でも、お口の中から筋肉に働きかけると小顔になってしまうんですよ。
自分でできたらいいよねー。


<お顔のリフトアップの会>
日時:5月7日 14:00〜 (15:30頃終了予定)
参加申込:インスタDM、メッセンジャーまたはメールにて
ご用意いただくもの:オイルやクリームなどお肌への摩擦を軽減するもの・おしぼり
参加費:ドネーション(ドネーションについてご不明/ご不安な方はご相談ください)
お支払方法:Pay Payを利用しての送金  または  お振込

*メイクを落とした状態でご参加ください。
*爪が伸びているとお肌を傷つけてしまいます。爪は切ってからご参加ください。


<ZOOMの利用方法>
ZOOM のサイトにアクセスします。 ページの一番した「ダウンロード」をクリックし ​ご利用のデバイスにダウンロードします。
















② お申し込みが完了しましたら、ミーティングIDとパスワードをお知らせいたします。​
​③ 写真の画面「ミーティングに参加」をクリックすると IDとパスワードの入力に進みます。 入力するとビデオ通話がはじまります。



↑このページのトップヘ