mindfulesalen

プライベートサロン mindful esalen のブログ

先日開催したオンラインイベント「ワンティラン」で
参加者の方が話してくれた
それぞれの人のものの見方や反応の仕方について。

とてもしっくり、そしてなんとなくモヤモヤしていたのが
すっきり晴れたので自分用に覚書として。

*****

同じ絵を見ているとは限らないし
同じものを見る必要もなくて
他の人が見ている絵がどんなものなのかは、わかりようがない

絵の好みもあって
他の人が見ている絵が自分の好みではないこともあるし
なんなら、その人が好きって言ってる絵がおぞましく感じることだってあるよね

その人の好みの絵を好きにならなきゃいけない訳ではないから
ふ〜ん、そんな絵が好きなんだねっとか
そんな絵を見てるんだねーっで終わればいいよね

*****

B62D198C-34E1-453E-9C78-BBC897CE047A


何度も似たようなことを経験しているのに
またしても、モヤっとここでくるんだなーっという体験の後で。
でも、同じことを違う人がするとモヤっとならなかったり。
結局は「信頼」してる人がどうかってところだね

毎日おうち。
ヨガやって、お友達とオンラインでおしゃべりして
ワンコのお散歩行って.......

そして、食べちゃう!
ついつい食べちゃうのよねー。

自粛がはじまってすぐの頃は、外食が減って、
誰かと会うためのカフェも減って
わたしはお茶しに行くと大抵ケーキとかってデザート食べるから
体が軽くなってたんだけど、
少しづつ物足りなさを感じているのかなー。
ついつい最近はおやつに手が伸びてしまいます。

ヤベッ!
っと気がついてしまったのです。

そこで、基本にもどるよ!

ついついで食べてしまう時は、お腹じゃなくて気持ち(心)が欲している時。
ちゃんと、心の声に耳を傾けたら、お湯を飲もう!
ほっと一息つこう!

そう。お白湯です。
お白湯を飲んで、はーっと深く息を吐いてみましょうよ。

お白湯はちょっと食べたい時の救世主なのです。
なんか小腹がすいた気がするなー。
(大抵、気のせいなんだよね。わたしの場合)
何か口に入れたいなーって時は、不安や物足りなさなど
心がポッカリしている時に感じやすかったりもするから。
お腹じゃなくて、心が空いてるんだよね。

お白湯を飲んで、お腹の中が暖かくなったら
心が温まって、ちょっと口に入れたいって衝動がおさまりやすいんです。
実際にお腹も暖かく満たされるしね。
味がないものを飲み慣れない場合はレモンスライスを1枚入れてもおいしいよ。

無駄に食べてしまうって消化にエネルギーを浪費してしまわないように。
本当にお腹が空いているのか、パクッとお口に入れる前に気づきたいものです。
5B1379AC-1727-4166-B593-D485F2F55F25

自粛期間、定期的に開催しようと決めて3回目の開催となる
zoomを使ったオンライン企画。

前回からタイトルを【Wantilan / ワンティラン】としました。
定期的に開催すると決めたのに!
3回目にしてすでに次回の開催はピンッときたら告知しますと
定期的っという言葉もどこへやら。笑
ピンッとくるのを、ダブルホストのしんのすけ君とじっと待ち、
おっときたーっと連絡するとやはりお互い感じとるものは同じで
明日の開催となりました。

って、ちょっと待って。
明日って事はこれまでと同じ毎週水曜ってのと変わらないじゃないか。
あははは。
やはり、感覚ってすばらしい。
蓋を開けてみたら、ちゃんとタイミングが合うようになっているんですね。


ところで、タイトルとなっている【Wantilan / ワンティラン】とは、
「屋外の集いの場」を意味していて、村の人たちがいつでも集えるオープンエアな場所なのです。バリ島の伝統的な村には必ずあるんですって。

その場で感じること、そして時間が経ってじわじわと気づくことがあるんだなーっと前回、前々回を通して興味深い体験をしました。
3回目はどんな輪になるのでしょうか。
何かを自ら待ち受けたり、用意するのではなくて、
その時を共有するみなさんと、自然と流れが現れるのに任せてみたいと思います。

ワンティランがオープンエアな集いの場であるよに、
私たちのサークルもオープンハートでありのままを話せる安全な場所になりますように。
今感じていることを、そのままに感じることができますように。

聞いてくれる人がいる。
言葉を選ぶことで自分の感情に気づき、
今この瞬間の「わたし」を感じる。

知ろうとしなくていい。
準備しなくていい。
その時に内にあるものを表現してみましょう。

4月22日(水)20:00-21:30
*途中10分休憩あり
“触れること”をライフワークにしている人でサークルになりましょう。
ホストはわたしとshinnosuke_ide

ご参加希望の方はインスタ DMにてお声がけください。


↑このページのトップヘ